永年リビングに置いてあったアップライトピアノを移動することになり、防音についても又もや位置付ける機会がありました。
自宅の最上階に住んでいて、リビングはうちの中心にあったので防音は下の広間のことを何気なく気にしてカーペットを敷いているくらいで殊に気にしてはいませんでした。
移動するのは横の民家がすぐとなりにおける広間で、窓の側になります。
移動して弾けなくなっては困りますので、防音において調べてみるとピアノは背中における同感板から響いていらっしゃることと、下の階へ固体バイブレーションでノイズが伝わっていくのを軽減する所作、バイブレーションが行き渡り易い窓ガラスのバイブレーションを軽減する所作の3つが理由になりました。
同感板からのノイズを防ぐテクニックはいくつかあり、バックに板のようなものを装着するテクニック、強引なテクニックなら毛布を突っ込んで仕舞うというのもありました。
今回はそれらの方法ではなくピアノの背中をうちの中心に向くように設置する結果方策しました。そうすることで、ノイズが外に届くまでに塀を何枚も受かることになるのでかなりの防音になります。
次に下の階への回答だ。
これは一層絨毯を敷くのは強制でした。そうして、ピアノの歩きの部分に捨て置くインシュレーターを太いゴム製のものに変える結果対応しました。
プラスティック製のものよりも実にバイブレーションが行渡り辛くなります。再度、くぼみが奥深いので地震回答にもなるそうです。
こいつももっての外みたいなら太い板を据え置くテクニックもあるそうですが、今回はこれでムードを見ていますが核心はなさそうだ。
そうして最後に窓ガラス回答ですが、サッシを2重にすることも出来ますが大ががりになってしまうのでカーテンを太い丈夫なものに差し換えることにしました。
厚い布を通じてノイズが行き着くので、こいつも防音にはなります。あとは、弾く時折窓を閉めて肝要をかけると有効です。肝要を締め切るを窓がバイブレーションしにくくなります。
以来が今回の防音回答だ。小さなことを見直すだけでも、防音することは出来るようなので身近支障にならないようにピアノライフを楽しんでいきたいと思います。xn--u9jxfma8gra4a2845jy87a.xyz