長女は走るのが好物で、幼稚園のマラソンフェステ

長女は走るのが好物で、幼稚園のマラソンフェスティバルも代表の方を走って帰ってくる人でした。また、自転車の背部に乗せていても、実家の近くまで来ると「降りて走って帰る」というのが毎度だ。
小学生1年生の時の持久走フェスティバルでのことです。幼稚園では代表の方を走っていた長女ですが、勉学となれば他の保育園幼稚園からも沢山の人が入学するし、そこまで種類は伸びないだろうと勝手に思い込んでいました。練習しているときの姿勢を聞いても、個人は早いのかのろいのかわからないし、誰が早いのかもわからないとの長女の陳述。そんな訳で、あたしは到底期待する気持はそこまでありませんでした。
但し、即日3お天道様前の前練習で長女が4近くをとったと言ってきました。しかも、転んでしまっての4近くだ。そうしたら、私の要望はごっそり膨らみました。長女に「即日は転ばないで3近くとれたらいいね」と話し、長女もニコッと答えてくれました。
いざ、即日。私も長女の歩きを見に行きました。HOME先、長女は転びました。うわっと思いながらも見守っていましたが、断然転んだのがいけなかったのか、一際中盤程を走っています。仕方ないなぁと思いつつ見ていたら、誠に長女のラストスパートがすごかったのです。15近く近くからごぼうカットが始まり、ひいては先頭にたってしまいました。追い越された人も抜かれた時期、際歩きをあげましたが、長女には追い付きません。ひいては1近くをとったのです。長女はこういう異変が年間最高峰うれしかったようですが、私もよそのマミーから褒められ、ずいぶんと鼻が高かった異変だ。http://xn--nckg3oobb6742cnlki6mouzjuuo62a.tokyo/